【MO】アルトリアグループ:株価・銘柄分析・決算・業績と配当

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で1600万円ほど運用しています。

アルトリアグループ(MO)の概要

アルトリアグループ(MO)とは?

アルトリアグループとは、アメリカを代表するタバコ企業です。

元々はフィリップ・モリス社(PM)と一つの会社でしたが、アメリカ国内特有のリスクがあることから、アメリカ国内部門(アルトリアグループ)アメリカ国外部門(フィリップ・モリス)に分社化されました。

つまり、アルトリアグループは、元フィリップ・モリスのアメリカ国内部門だということになります。

 

アルトリアグループ(MO)の事業内容

(1)紙巻タバコ事業

上に書いた理由から、アルトリアグループの保有しているタバコブランドは、基本的に全てフィリップ・モリスと同じです。マールボロ、パーラメント、L&M、ラーク、チェスターフィールド等になります。

紙巻タバコは世界で毎年5%程度ずつ市場が減少している右肩下がりの市場ですが、アルトリアの収益は大部分が紙巻タバコに依存しています。

 

(2)無煙タバコ事業

煙が出ないタバコ商品を取り扱う事業で、メインは電子タバコ加熱式タバコです。

自社ブランドとして「iQOS(アイコス)」、投資先のブランドとして全米で70%程度のシェアを誇る「JUUL(ジュール)」を保有しています。

電子タバコは、アルトリアの収益のうち10%以下程度しかありませんが、毎年10%程度ずつ成長している市場です。

 

sponcered by

 

アルトリアグループ(MO)の業績と配当

売上と営業キャッシュフロー

アルトリアグループ(MO)の売上と営業キャッシュフローの推移です。

チェックポイント

  • 売上は、毎年1%前後ですが、緩やかに伸びています
  • 喫煙者の数は、基本的に新興国で増えており、先進国で減っています
  • 先進国においては、タバコの値上げを進めることで、事業を成長させています
  • 営業キャッシュフロー率は30%台と非常に高くなっています

 

フリーキャッシュフロー(ざっくり)

アルトリアグループ(MO)のフリーキャッシュフロー(ざっくり)の推移です。

チェックポイント

  • 設備投資は、営業キャッシュフロー$7.8Bに対して、$0.2Bと少額に収まっており、営業キャッシュフローのほぼ全てがフリーキャッシュフローになっています

 

1株あたりの数値

アルトリアグループ(MO)の業績を1株あたりに直したものです。

チェックポイント

  • EPSはぶれていますが、FCFPSは概ね右肩上がりの傾向にあります

 

株主還元(自社株買いと配当)

アルトリアグループ(MO)の株主還元の推移です。

チェックポイント

  • 配当性向は80%台なので、安定して増配を継続できるでしょう
  • 総配当性向についても、概ねFCFPSの100%以内で還元されており、継続性が期待できます

 

sponcered by

 

アルトリアグループ(MO)の株価と分析

株価


株価分析

2020年2月@43.8ドル:割安

【MO】アルトリアグループの株価は割安?(2020年2月@43.8ドル)【JUULが訴訟や規制に直面中】

2020年2月25日

 

アルトリアグループ(MO)の決算レポート

2020年

決算1Q

○ 売上:$5.05B(前年比+15%)、アナリスト予想を$430M上回りました。

○ EPS:$1.09、アナリスト予想を$0.10上回りました。

【MO】アルトリアグループ、2020年1Q決算:アナリスト予想に反して、出荷量が前年比で増加

2020年5月9日

 

2019年

決算4Q

× 売上:$4.8B(前年比+0.3%)、アナリスト予想を$90M下回りました。

○ EPS:$1.02、アナリスト予想通りでした。

決算3Q

○ 売上:$5.41B(前年比+2.3%)、アナリスト予想を$70M上回りました。

○ EPS:$1.19、アナリスト予想を$0.04上回りました。

決算2Q

○ 売上:$5.19B(前年比+6.4%)、アナリスト予想を$110M上回りました。

○ EPS:$1.10、アナリスト予想通りでした。

決算1Q

× 売上:$4.39B(前年比-6.0%)、アナリスト予想を$210M下回りました。

× EPS:$0.90、アナリスト予想を$0.03下回りました。

 

 

米国株銘柄まとめ一覧

 

 

sponcered by