【PYPL】ペイパル、2020年1Q決算:Honeyの買収完了。決済金額の伸びはやや低下。

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で700万円ほど運用しています。

ペイパル(PYPL)の決算内容(2020年1Q)

決算の概要

× 売上:$4.62B(前年比+11.9%)、アナリスト予想を$100M下回りました。

× EPS:$0.66、アナリスト予想を$0.8下回りました。

 

売上・EPSともにアナリスト予想を下回りました。

また、通年ガイダンスは、新型コロナウイルスによって見通しが不透明なため、撤回されました。

Q2については、売上が前年比15%程度までの成長、EPSが前年比15〜20%の成長というガイダンスが示されました。

 

決算の詳細

まずはざっくりと全体観から。

  • EPSの無成長は、マクロ経済の後退予想が出ている中で、回収が難しくなった融資について損失を計上したため。
  • フリーキャッシュフローは前年比+60%と増えており、コスト管理はしっかり出来ています。
  • アカウント数は、前年比+17%の325Mとなりました。Honey買収の影響で+10.2Mの上乗せがあります。
  • 決済金額の伸び率は19%と成長が鈍化しました。3月が前年比+7%の低成長となったことが影響しました。

 

個別に見ていきましょう。

 

Honeyの買収が完了したことで(後述)、アカウント数が大幅に増加。合計アカウント数は325Mになりました

アカウントの純増数は+20.2Mであり、このうち+10.2MがHoneyの影響です。

 

決済金額は前年比 +19%で、伸び率は低下しました。

 

特に3月に決済金額の伸び率が大幅に低下していましたが、2Qの期間になりますが4月には回復しています。

また、4月にはアカウント数が7.4M増えています。

これはおそらく、新型コロナウイルスの給付金をPayPalやVenmoで受け取れることによるものです。

 

ということで、1月〜3月については、あまり良い決算ではなかったものの、目先のQ2(4月)が良さそうということで、株価は上がっています。

 

sponcered by

 

ビジネスアップデート

Venmoを筆頭に、P2P送金は急速に成長中

Venmoは急成長を続けています。送金金額は前年比48%増の$31Bでした。

また、PayPal傘下のサービスの合計では、P2P送金は前年比31%増の$52Bでした。

これはPayPalの決済総額の29%に該当します。

 

Honeyの買収を完了

昨年、買収をアナウンスしていたHoneyの買収を完了しました。

【PYPL】ペイパル、クーポン&リワードの「Honey」を$4Bで買収

2019年11月21日

これによって、アカウント数が10M程度増えた一方で、アカウントあたりの取引回数は減少しました。

 

以上です。

 

ペイパルについてのまとめはこちら。

【PYPL】ペイパル:株価・銘柄分析・決算・業績と配当

2019年10月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です