【PM】フィリップ・モリス、2020年1Q決算:加熱式タバコは全体の10%に

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で1000万円ほど運用しています。

フィリップモリス(PM)の決算内容(2020年1Q)

決算の概要

○ 売上:$7.71B(アナリスト予想 +$280M、前年比 +5.9%)

○ EPS:$1.21 (アナリスト予想 +$0.08)

 

売上・EPSともにアナリスト予想を上回る好決算でした。

 

Q2のEPSガイダンスは、$1.00〜$1.10が示されました。

これはアナリスト予想の$1.41を下回りました。

なお、年間のガイダンスは、新型コロナウイルスの影響で見通しが立たないため、公表されませんでした。

 

決算の詳細

出荷量(ボリューム)は、前年比1.2%減となりました。

  • シガレット(紙巻きタバコ)の出荷量は、前年比4.4%減でした。
  • 加熱式タバコの出荷量は、前年比45.5%増の16.7Bユニットでした。

 

2020年の第一四半期は、新型コロナウイルスの影響を一部しか含んでいません。

新型コロナウイルスの影響は、先進国ではあまり大きくありませんが、一部の発展途上国で消費に影響が出ています。

フィリップモリスは、不景気による失業率の上昇や賃金の減少によって、一時的にネガティブな影響を受けると予想しています。

 

sponcered by

 

ビジネスアップデート

新型コロナウイルスの生産ラインへの影響

新型コロナウイルスが流行していますが、現状、生産ラインに大きな影響は出ていません。

  • 加熱式タバコについては、全ての工場が稼働しています
  • シガレットについては、生産設備の20%が一時的に停止しています。

 

在庫についても、加熱式タバコで2ヶ月分、シガレットで1.5ヶ月分が確保されており、目先問題はありません。

 

加熱式タバコは全体の10%弱まで成長

加熱式タバコは、16.7Bユニットを出荷しました。これは全体(173.3B)の10%弱にあたります。

なお、IQOSのユーザー数は1500万人近くに達しています。

 

以上です。

 

フィリップ・モリスについてのまとめはこちら。

phillip morris PM

【PM】フィリップ・モリス:株価・銘柄分析・決算・業績と配当

2019年10月20日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です