【JNJ】ジョンソン&ジョンソン、2019年1Q決算:COVID-19の影響でガイダンスを下方修正

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で700万円ほど運用しています。

 

ジョンソン&ジョンソンが2019年4Q決算を発表しました。

さっそく内容を見ていきましょう。

 

ジョンソン&ジョンソンの決算内容(FY2020-1Q)

決算の概要

× 売上:$20.69B(前年比+3.3%)、アナリスト予想を$1.21B上回りました。

○ EPS:$2.30、アナリスト予想を$0.30上回りました。

 

売上・EPSともにアナリスト予想を上回る、力強い決算でした。

 

2020 通年ガイダンスについては、コロナウイルスの影響で、以下の通りに下方修正されました。

  • 売上 $77.5B – 80.5B
  • Non-GAAP EPS $7.95 – 7.90

 

元々のガイダンスは、以下の通りでした。

  • 売上:$85.4B – $86.2B
  • Non-GAAP EPS:$8.95 – $9.10

 

sponcered by

 

決算の詳細

地域別の情報

 

アメリカ本土とアメリカ国外で、売上は半々くらいでした。

売上成長率は、調整後の数値で、アメリカ本土で5.6%、アメリカ国外で4.0%となっています。

 

部門別の情報

 

消費者向けの商品を製造販売するコンシューマーヘルス部門。売上は$3.6Bでした。

調整後の数値で、前年比11.3%増と力強い成長を見せました。

特に、一般用医薬品がインフルエンザの流行などもあり、前年比25%増と大きく伸びています。

 

 

続いて、J&Jで最大の製薬部門。売上は$11.1Bでした。

調整後の数値で、前年比10.1%とこちらも二桁成長を達成しています。

免疫系の腫瘍系の薬が特に伸びています。

 

 

最後に医療機器部門。売上は$5.9Bでした。

調整後の数値で、売上は前年比6.9%減と、減少しています。

これらはCOVID-19(コロナウイルス )の影響だと説明されています。

コンタクトレンズなど、たしかに売上が下がりそうです。

 

sponcered by

 

ビジネスアップデート

コロナウイルスのワクチンを製造中

傘下企業のヤンセンファーマで、コロナウイルス(COVID-19)のワクチンを作っています。

以下が、ジョンソン&ジョンソンの提示するスケジュールです。2021年Q1からの提供を目指しているようです。

 

 

以上!

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です