「株式投資を始めたい」。元手はいくらから始めるべき?

株式投資の元手






キャプテン
どうも、キャプテンだ。

うおおおおお!!!!

はい、株式投資を始めようと思ったときに、元手はいくらあればいいのでしょうか。

結論から言えば、株式投資は元手が少なくても早く始めた方が良いです。1万円からでも投資すべきです。

これで終わってしまうと記事にならないので、その理由を説明したいと思います。

株式投資は少ない元手で早く始めた方が良い

キャプテン
株式投資を早く始めた方が良い理由を説明するぞ!

いくら貯まったら、或いは退職金を貰ったら、投資を始めようと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、株式投資は早いうちから始めるに越したことはありません。極論を言えば、1万円から始めても全く問題がないどころか、その方が良いとすら言えるでしょう。

その最も大きな理由は、小さい金額のうちにリスクに慣れることができるからです。

小さい金額からリスクに慣れる

資産形成の過程においては、まとまったお金を貯めてから投資を始めるよりも、投資をしながらお金を増やしていく方が、成功する可能性が高まります。

それは、頑張って貯金した100万円を投資する場合、投資のリスクへの恐怖等から冷静な判断が出来ないからです。

しかし、1万円や10万円のうちから投資を始めていれば、100万円になる頃には株価が動くリスクにも慣れているはずです。

1万円の投資であれば、リーマンショックのような暴落が起きて株価が50%下がっても5,000円を損するだけです。これでパニックに陥ることはないでしょう。

少額だからこそ、暴落に巻き込まれても投資を続けられるし、株価の変動というものを身を以て体験することができるのです。

資産形成を飼い犬に例えた話があります。

飼い犬の例え

犬を飼うときに、いきなり成長した大きな犬を飼うと、この犬は自分を襲うのではないかと感じて、落ち着いて接するということは難しいでしょう。

しかし、その犬が小さい頃から、一緒に育ってきたとしたらどうでしょう。

その犬が徐々に大きくなる過程を常に見てきたのであれば、その時々の変化に対応しつつ、大きくなった犬とも冷静に触れ合うことができます。

それと同じで、資産形成も小さい金額から成長していく過程を見守る必要があるのです。

まとめポイント
  • 株式投資はリスクや株価の変動に慣れるために少額から始める方が良い。

リスクを取りすぎないように注意しよう

キャプテン
少額から投資を始める場合に気をつけるべき点はこれだ!

さて、少額の元手で投資を始めたときに、必ず気をつけなければならないことがあります。

それは過剰なリスクを取らないということです。

人は元手が小さいと過剰なリスクを取る

二つのパターンを考えてください。

1,000円があります

(1)コインを投げて、表なら2,000円をもらう。裏なら0円をもらう。

(2)コインを投げて、表でも裏でも1,000円をもらう。

1億円があります

(1)コインを投げて、表なら2億円をもらう。裏なら0円をもらう。

(2)コインを投げて、表でも裏でも1億円をもらう。

少額ほどリスクを取りがち

人にもよるとは思いますが、前者だと(1)、後者だと(2)を選んだ方が多いのではないでしょうか。

人間の選択には、少額だとリスクを大きく取り、大金だとリスクを小さく取るというバイアスが掛かりがちです。

1,000万円を年利5%で運用して年間50万円の利益というと嬉しく感じるかもしれませんが、1万円を年利5%で運用して年間500円の利益というと、しょうもなく感じられるのと同じです。

しかし、投資においては、金額が大きくても小さくても、適切なリスクを取ることが重要です。

金額が小さいからといって、過度にレバレッジを掛けてFXをしていたのでは、いつまで経ってもお金を失うばかりで、資産を形成することはできません。

小さな投資をコツコツと継続する重要性

投資において大切なのは、元手が小さくても、コツコツとお金を正しい投資に回していくことです。

以下は毎月1万円を積み立てて、年利9%(だいたいS&P500のリターン程度)で運用した場合の資産推移です。

18年目には500万円に近い金額にまで資産が形成されていることが分かります。

これも元手はたったの1万円なのです。

まとめポイント
  • 少額の元手で投資を始める場合には、過剰なリスクを取らないように気をつける。
  • 毎月1万円をS&P500に積み立てれば、18年目には500万円弱にまで成長する。

元手が少ない場合の投資先

元手が少ない場合には、以下の投資先を検討してみてください。

たわらノーロード NYダウ

本当に少額から始めるのであれば、株式よりも、10,000円からでも買える投資信託が良いでしょう。

「たわらノーロード NYダウ」には買付時の手数料も解約時の信託財産留保も必要ありませんし、信託報酬も0.243%と良心的な値段です。

また、NYダウはアメリカの主要企業の株式によって構成されている指数で、過去の実績を見ても、ずっと上昇を続けているので、安心して投資をすることができます。

バンガード・S&P500ETF(VOO)

投資に慣れてきたら、アメリカの株式市場に上場されているバンガードのETFに投資をするのが良いでしょう。

バンガードは安い信託報酬で知られており、こちらのETFの信託報酬はなんと0.04%です!

米国株になるので、円をドルに変換して買うなど、少し初心者にはハードルが高いですが、もしよければ挑戦してみてください。

なお、上場型投信であるETFは基本的に投資信託よりも信託報酬などのコストが安くなりがちです。ETFと投信の違いについては、以下の記事を読んでみてください。

元手を貯める方法

キャプテン
少額の元手もない!そんなときにはこうしよう。

さて、元手が1万円からでも、コツコツと投資を続けるべきであるということを説明してきました。

しかし、毎月の収入を全て使い切ってしまうという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、以下の方法を試してみてください。

天引き貯金をしよう

まずは、天引き貯金を始めることです。

天引き貯金というのは、たとえば毎月給与が入ったら、最初に貯蓄や投資に回す分を引いてしまうということです。

意志の弱い人は、お金が目の前にあると使ってしまいます。

だからこそ、給与が入ったら、まずは一定額を貯金や投資に回してしまうのです。(たとえば給与が入ったら、2万円を貯蓄用口座に、1万円を投資用口座に入れてインデックスファンドを買う等。)

天引き貯金を含めた、お金との付き合い方の基礎を学ぶには、本ブログではおなじみの『私の財産告白』を読んでください。

固定費を削ろう

これまでお金をバシバシ使ってきた人が天引き貯金を始めると、おそらく月末が厳しくなるでしょう。

それは、月々のキャッシュフローが破綻していることを意味しますので、まずは、月々のキャッシュフローを改善する必要があります。

キャッシュフローを改善する際に大切なのは、一時的な出費ではなく、固定費を削ることです。

たとえば、大手三社から格安SIMを提供しているMVNOに乗り換えたり、不要な有料課金を解約したり、家賃の低い部屋に引っ越したりといった方法が有効です。

まとめポイント
  • 少額の元手で投資を始める場合には、過剰なリスクを取らないように気をつける。
  • 毎月1万円をS&P500に積み立てれば、18年目には500万円弱にまで成長する。

キャプテンのひとこと

キャプテン

株式投資は元手が少なくても、早めに始めた方が良い。

そして、その元手を何倍にも膨らませようとリスクを取るのではなく、コツコツと少額を積み立てていくことで、資産を形成することができる。

さっそく資産形成を始めてみてほしい。

ヒーロー活動のスポンサーはこいつらだ!