【DIS】ディズニー、2019年4Q決算:Disney+は有料会員2,650万人の好調スタート

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で1000万円ほど運用しています。

 

ディズニー(DIS)が2019年4Q決算を発表しています。

さっそく内容を見ていきましょう。

 

(ツイッターでも米国株に関する情報を発信しています!)

 

ディズニー(DIS)の決算内容(2019年4Q)

決算の概要

 

合格決算でした。

○ 売上:$20.86B(アナリスト予想 +$50M、前年比 +36.3%)

○ EPS:$1.53 (アナリスト予想 +$0.09)

 

売上・EPSともにアナリスト予想をわずかに上回る合格決算でした。

 

決算の詳細

売上は、前年比+36.3%の$20.86Bでした。

セグメント別は以下の通りです。

  • メディアネットワーク:$7.36B(前年比+24.3%)
  • パーク・体験・プロダクト:$7.39B(前年比+8.3%)
  • スタジオ映画:$3.76B(+106.3%)
  • D2C・国際:$3.98B(+334.3%)

 

スタジオ映画が伸びているのは、この四半期にはスターウォーズがあり、前年の四半期にはスターウォーズがなかったためです。

統合された「Hulu」や新規サービス「Disney+」などが含まれるD2Cセグメントは、前年比で大幅に成長しています。

 

sponcered by

 

ビジネスアップデート

Disney+は好調なスタート

ディズニーの動画ストリーミングサービス「Disney+」は好調なスタートを切りました。

Disney+の有料会員は26.5百万人でした。 これはアナリスト予想の20百万人を大幅に上回りました。

 

ディズニーの動画配信サービスの現状

動画配信サービスの現状を整理しておきたいと思います。

ディズニーは「Disney+」に加えて、スポーツ番組を配信する「EPSN+」を保有しています。

また、「Hulu」の株式を60%保有して傘下に収めています。そもそも保有していた30%に加えて、21世紀フォックスの買収で30%が新たに手に入ったためです。

 

各サービスの有料会員数は、以下の通りです。

  • Disney+:2,650万人
  • ESPN+:660万人
  • Hulu:2,720万人

 

各サービスにおける、有料会員の平均月額単価は、以下の通りです。

  • Disney+:$5.56
  • ESPN+:$4.44
  • Hulu:$13.15

 

sponcered by