【PYPL】ペイパル、クーポン&リワードの「Honey」を$4Bで買収

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で700万円ほど運用しています。

 

PayPal(ペイパル)は、11月20日、$4Bで「Honey」の買収に合意しました。

買収は2020年の1Q中に完了する見込みです。

 

ペイパルは、このところ積極的な買収や出資を通じて、サービス圏の拡大を目指しています。

横方向でいうと、圧倒的なユーザーベースを持つVenmoの買収はもはや昔ですが、ヨーロッパのSquareであるiZettleを$2.2Bで買収して加盟店へのネットワークを手に入れたことは記憶に新しいです。また、中国の決済事業者の買収を通じて、中国市場への進出も目指しています。

そして、そうして広げたユーザーや加盟店の基盤に対して、アップセルしていくような買収が、今回のHoneyだということです。

 

sponcered by

 

Honeyは、2012年に創業された会社で、主に2つの機能を提供しています。

  • ユーザーがインターネットでショッピングをするにあたって、ベストなクーポンを比較&提供(クーポンの価格ドットコムみたいなイメージ)
  • 購入金額に応じてポイント付与(Honey Gold)。Honey Goldは、次回のショッピングで使える

 

ウェブサイト上だけでなく、Chromeブラウザの拡張機能としてもこれらの機能を提供しており、ユーザーはChromeの拡張機能にHoneyを入れておけば、Honeyの加盟店でショッピングする際に、これらの恩恵を気軽に受けられます。

 

Honey単体でも、以下のように大きな規模です。

  • MAUは1700万
  • クライアントは約3万店舗
  • 過去1年でユーザーがHoneyを利用して節約した金額は$1B

 

しかし、このサービスを傘下に収めることで、さらに巨大なペイパルの約3億弱のユーザー基盤や2400万の加盟店に接続していくというのがペイパルの狙いになります。

 

これは、ペイパルの巨大なネットワークを用いてHoneyを成長させるだけでなく、Honeyがクーポンやリワードを提供することで、ユーザーがショッピング時にペイパルで決済をするインセンティブにもなると思うので、非常にシナジーがあると考えられます。

 

目下、巨大なテック企業が決済領域に興味を示しており、競争環境は激化していくことが予想されます。

フェイスブックは独自の決済サービスを始めたり、LIBRAの立ち上げを検討していますし、Apple Payの直近四半期におけるトランザクション回数がペイパルを抜いたという発表も行われたばかりです。

 

sponcered by