【IBM】IBM:株価分析、決算、業績と配当

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で700万円ほど運用しています。

IBM(IBM)の概要

IBMとは?

IBM(IBM)は、世界的な大手システム会社です

元々は巨大なコンピューターであるメインフレームの製造・販売をしていましたが、現在はITコンサルティングやソフトウェアの提供、クラウド関連のサービスなどを提供しています。

IBMの事業内容

IBMは、主に4つのセグメントから構成されています。

  1. クラウド&AI事業
  2. コンサル事業
  3. テクノロジーサービス事業
  4. システム事業

 

クラウド&AI事業では、クラウド上のソフトウェアやAIをS.a.a.S的に提供しており、いま一番ホットな分野です。

コンサル事業とテクノロジーサービス事業は、どちらも大企業をテクノロジー面から支援するセグメントで、上流がコンサル、そのエグゼキューションがテクノロジーサービス事業というイメージです。

システム事業は、非クラウドのソフトウェアやハードウェアを販売する事業で、どちらかというと下火のセグメントです。

 

IBM(IBM)の業績と配当

売上と営業キャッシュフロー

IBM(IBM)の売上と営業キャッシュフローの推移です。

チェックポイント

  • 売上は、事業再編の影響で減少を続けています
  • 営業キャッシュフロー率は少し改善しています

フリーキャッシュフロー(ざっくり)

IBM(IBM)のフリーキャッシュフロー(ざっくり)の推移です。

チェックポイント

  • 営業キャッシュフロー$15Bに対して、設備投資は$3.4B程度に抑えられています
  • フリーキャッシュフローは、少しづつ減少しています

1株あたりの数値

IBM(IBM)の業績を1株あたりに直したものです。

チェックポイント

  • FCPSは改善傾向でしたが、2018年に下落に転じています

株主還元(自社株買いと配当)

IBM(IBM)の株主還元の推移です。

チェックポイント

  • 配当性向は50%程度であり、まだしばらくの増配余地はありそうです

 

IBM(IBM)の株価と分析

株価


株価分析

2019年6月14日@135.76ドル
高配当株IBMは業績横ばいの不人気IT企業だが、株価はやや割安〜フェアバリューだと思う。

 

IBM(IBM)の決算レポート

2019年

【IBM】IBMの決算レポート:Red Hatの買収を完了(FY2019年3Q)

【IBM】IBMの決算レポート(FY2019年1Q)

 

sponcered by