【PG】P&G:株価・銘柄分析・決算・業績と配当

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で700万円ほど運用しています。

 

P&G(PG)の概要

P&Gとは?

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)は、世界最大の一般消費財メーカーです。

世界中で、日常生活用品を幅広く製造・販売しています。

日本でも「暮らしを感じる、変えていく」のキャッチフレーズで知られています。

 

P&Gの事業内容

生活用品を幅広く製造・販売しており、日本でも人気のブランドが多数あります。

洗剤のアリエール、柔軟剤のダウニー、シャンプーのパンテーン、食器洗剤のジョイ、消臭剤のファブリーズ、オムツのパンパース、髭剃りのジレット、フェイスケアのSKⅡなど、すベてP&Gの製品です。

 

sponcered by

 

P&G(PG)の業績と配当

P&Gは6月決算です。

 

売上と営業キャッシュフロー

P&G(PG)の売上と営業キャッシュフローの推移です。

チェックポイント

  • 売上は事業再編の影響で減少していましたが、2018年から反転しています
  • 営業キャッシュフロー率は改善しており、20%台を達成しています

 

フリーキャッシュフロー(ざっくり)

P&G(PG)のフリーキャッシュフロー(ざっくり)の推移です。

チェックポイント

  • フリーキャッシュフローは、ほぼ横ばいです
  • 営業キャッシュフロー$15B前後に対して、設備投資は$4B以下に抑えられており、効率よくキャッシュが稼げています

 

1株あたりの数値

P&G(PG)の業績を1株あたりに直したものです。

チェックポイント

  • 1株あたり営業キャッシュフロー、1株あたりフリーキャッシュフローは、自社株買いの影響もあり、増加傾向です

 

株主還元(自社株買いと配当)

P&G(PG)の株主還元の推移です。

チェックポイント

  • 配当性向は60%〜70%であり、無理のない範囲です
  • 総還元性向は100%前後の状況が続いており、原則として毎年フリーキャッシュフローを全て株主に還元しているイメージです

 

sponcered by

 

P&G(PG)の株価と分析

株価


株価分析

2020年2月15日@126.14ドル

【PG】P&G(プロクター&ギャンブル)の株価は割安?(2020年2月@126ドル)

2020年2月15日

2019年7月2日@110.01ドル

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)の株価は割安ではない。今後の成長率はウォッチが必要。

2019年7月2日

 

P&G(PG)の決算レポート

FY2020

3Q

× 売上:$17.21B(前年比+4.6%)、アナリスト予想を$80M下回りました。

○ EPS:$1.17、アナリスト予想を$0.04上回りました。

【PG】P&G、FY2020年3Q決算:コロナウイルスの中でシェアを拡大

2020年4月19日

2Q

× 売上:$18.24B(前年比+4.6%)、アナリスト予想を$130M下回りました

○ EPS:$1.41、アナリスト予想を$0.03上回りました。

【PG】P&G、FY2020年2Q決算:中国での売上は+13%の二桁成長。

2020年1月24日

 

 

米国株銘柄まとめ一覧

 

 

sponcered by