【KO】コカ・コーラ:株価分析、決算、業績と配当

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で700万円ほど運用しています。

コカ・コーラ(KO)の概要

コカ・コーラとは?

コカ・コーラ社は、炭酸飲料のコカ・コーラをはじめとする飲料や食品のブランドを保有している会社です。

全世界で、年間売上が10億ドルを超えるブランドを20ほど有しています。

コカ・コーラの事業内容

メインの商品は炭酸飲料のコカ・コーラです。

コカ・コーラが、僕たちの手元に届くまでには、原液シロップを製造する工程と、その原液シロップから炭酸飲料をつくって缶に詰めて流通に乗せる工程があります。

後者はボトリング事業といいますが、これは前者に比べて利益率が低くなりがちです。

そこで、コカ・コーラは利益率が悪くなってくると、一部の地域を除いて、後者の工程からは撤退します。具体的には、現地でボトリング事業を行いたい会社に原液シロップとコカ・コーラを製造・販売する権利を売って、フランチャイズのロイヤルティ費用を受け取っています。

 

コカ・コーラ(KO)の業績と配当

売上と営業キャッシュフロー

コカ・コーラ(KO)の売上と営業キャッシュフローの推移です。

チェックポイント

  • 売上はボトリング事業の切り離しの加速に伴って減少しています
  • 営業キャッシュフロー率は20%超と高めです

フリーキャッシュフロー(ざっくり)

コカ・コーラ(KO)のフリーキャッシュフロー(ざっくり)の推移です。

チェックポイント

  • 売上の減少に伴い、営業キャッシュフロー・フリーキャッシュフローともに減少傾向でしたが、底打ちしつつあるように見えます

1株あたりの数値

コカ・コーラ(KO)の業績を1株あたりに直したものです。

チェックポイント

  • 1株あたりの業績も、全体的に同じ傾向です

株主還元(自社株買いと配当)

コカ・コーラ(KO)の株主還元の推移です。

チェックポイント

  • 配当性向は100%を超えており、フリーキャッシュフローが増えないと増配は厳しくなってきます
  • 総還元性向は100%を大きく超えており、この還元ペースを続けるのは非現実的です

 

コカ・コーラ(KO)の株価と分析

株価


株価分析

2019年6月15日@51.31ドル
コカ・コーラ(KO)の株価は概ねフェアプライスだが、業績の推移が読みにくい状況。

 

コカ・コーラ(KO)の決算レポート

2019年

【KO】決算レポート:フリーキャッシュフローの予想を引き上げ(FY2019-3Q)

 

sponcered by