【PM】フィリップ・モリス:株価分析、決算、業績と配当

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で700万円ほど運用しています。

フィリップ・モリス(PM)の概要

フィリップ・モリスとは?

フィリップ・モリスは、世界的なタバコ製造企業です。

マルボロ、ラーク、パーラメント、フィリップ・モリスなど、世界で人気のタバコブランドの多くがフィリップ・モリス社の傘下にあります。

フィリップ・モリスの事業内容

タバコを製造・販売しています。

フィリップ・モリスは、アメリカ国内でのタバコの販売は行なっておらず、アメリカ国外でのみ販売を行なっています。

アメリカ国内事業については、アルトリア・グループ(MO)という別会社として分割されたためです。

アメリカの今後のタバコ規制のリスクを考えたときに、そのリスクは切り離しておくべきだという声から、アメリカ国外でタバコを販売するフィリップ・モリスと、アメリカ国内でタバコを販売するアルトリア・グループに会社が分割されたわけです。

フィリップ・モリスが展開する商品には、上に記載した紙巻タバコのブランド以外にも、電子タバコのIQOS(アイコス)などがあります。

 

フィリップ・モリス(PM)の業績と配当

売上と営業キャッシュフロー

フィリップ・モリス(PM)の売上と営業キャッシュフローの推移です。

チェックポイント

  • 売上は横ばいで、企業としての成長期は過ぎています
  • 営業キャッシュフロー率は30%と非常に高いです

フリーキャッシュフロー(ざっくり)

フィリップ・モリス(PM)のフリーキャッシュフロー(ざっくり)の推移です。

チェックポイント

  • 営業キャッシュフロー$8B〜$10B前後に対して、設備投資は$1B〜$1.5B前後に抑えられています
  • かなり効率的にキャッシュを稼げていることが分かります
  • フリーキャッシュフローが、やや減少傾向にある点には注意をしたいところ

1株あたりの数値

フィリップ・モリス(PM)の業績を1株あたりに直したものです。

チェックポイント

  • 1株あたりの業績も、全体的に横ばいです

株主還元(自社株買いと配当)

フィリップ・モリス(PM)の株主還元の推移です。

チェックポイント

  • 配当性向は60%〜70%程度であり、直近、減配の心配はあまりなさそうです
  • 総還元性向は100%を超えているため、今後は自社株買いの減速が予想されます

 

フィリップ・モリス(PM)の株価と分析

株価


株価分析

2019年6月22日@79.22ドル
高配当株フィリップ・モリス(PM)の株価は割安。タバコ産業の衰退が背景に

 

フィリップ・モリス(PM)の決算レポート

まだフィリップ・モリスの決算レポートはありません。

 

sponcered by