【SBUX】スターバックス:株価分析、決算、業績と配当

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で700万円ほど運用しています。

スターバックス(SBUX)の概要

スターバックスとは?

もはや説明不要だと思いますが、スターバックスは「スタバ」の愛称で知られる、世界的なコーヒーショップです。

ハワード・シュルツは、イタリア出張の際に、エスプレッソの美味しさに感動して、アメリカに持ち込むことを決意。

当時、薄めのアメリカン・コーヒーしかなかったところに、「シアトル系」といわれる、エスプレッソをベースにしたアレンジが可能なコーヒーを提供しました。

これがヒットして、全米、世界へとスターバックスは広がっていきました。

スターバックスの事業内容

店舗内もしくはテイクアウトでコーヒーやフードを販売しています。

コーヒーの美味しさも勿論ながら、スターバックスの店舗は、落ち着いた色調のインテリアやアート作品で空間が整えられており、wi-fiも飛んでいるため、居心地の良さで知られています。

スターバックスが、自宅でも職場でもない「サードプレイス」(第三の居場所)と言われる所以です。

 

スターバックス(SBUX)の業績と配当

売上と営業キャッシュフロー

スターバックス(SBUX)の売上と営業キャッシュフローの推移です。

チェックポイント

  • 売上は、右肩上がりで成長中です
  • 営業キャッシュフロー率は、特殊要因の2018年を除いても、ここ数年は20%前後あります
  • フランチャイズではなく、直営店をメインに展開していることを考えると、この営業キャッシュフロー率は優秀です

フリーキャッシュフロー(ざっくり)

スターバックス(SBUX)のフリーキャッシュフロー(ざっくり)の推移です。

チェックポイント

  • 営業キャッシュフローは、特殊要因の2018年を除くと、直近は$4B程度
  • これに対して、設備投資は$1.5B程度となっており、比較的効率的にキャッシュを稼げています

1株あたりの数値

スターバックス(SBUX)の業績を1株あたりに直したものです。

チェックポイント

  • 1株あたりの数値でも、全体的には右肩上がりなことが確認できます
  • ただし、綺麗に上がっていくという感じではない傾向が把握できます

株主還元(自社株買いと配当)

スターバックス(SBUX)の株主還元の推移です。

チェックポイント

  • 配当性向は50%程度であり、減配の心配はあまりなさそうです
  • 総還元性向は100%を超えているため、今後は自社株買いの減速が予想されます

 

スターバックス(SBUX)の株価と分析

株価


株価分析

2019年7月15日@89.77ドル
スターバックスの株価は割安ではない?ネスレとの提携などで成長が持続するコーヒーチェーン。

 

スターバックス(SBUX)の決算レポート

まだスターバックスの決算レポートはありません。

 

sponcered by