【JNJ】ジョンソン&ジョンソン:株価分析、決算、業績と配当

sponcered by







キャプテン資本主義

どうも、キャプテンです!

投資好きな20代サラリーマン。

インデックス投資と米国株で700万円ほど運用しています。

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の概要

ジョンソン&ジョンソンとは?

バンドエイドから医薬品や医療機器まで製造・販売する、総合的なヘルスケア企業です。

安定した業績に加えて、60年近く増配を続けてきた実績から、配当狙いの投資家はもちろん、その他の投資家にも広く人気の銘柄です。

ジョンソン&ジョンソンの事業内容

ジョンソン&ジョンソンは、主に3つのセグメントで構成されています。

(1)一般消費者向けの商品

一般の消費者に向けて、商品をつくって販売するセグメントです。

誰でも知っているようなヒット商品としては「バンドエイド」があります。

他にも、コンタクトレンズの「アキュビュー」や、ベビーローション、綿棒なども人気です。

(2)医薬品

医薬品を開発・製造・販売するセグメントです。

有名な医薬品としては、解熱剤のタイレノールなどがあります。

(3)医療機器

医療機器は、病院などを顧客に、医療機器の製造や販売を行うセグメントです。

手術関連の製品から、消毒関連の製品、人口関節などまで、様々な医療機器を販売しています。

 

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の業績と配当

売上と営業キャッシュフロー

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の売上と営業キャッシュフローの推移です。

チェックポイント

  • 売上は、過去10年間、右肩上がりです
  • ここ数年の営業キャッシュフロー率は、27%前後と非常に高いです

フリーキャッシュフロー(ざっくり)

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)のフリーキャッシュフロー(ざっくり)の推移です。

チェックポイント

  • 営業キャッシュフロー$22.1Bに対して、設備投資は$3.7に抑えられています
  • かなり効率的にキャッシュを稼げていることが分かります

1株あたりの数値

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の業績を1株あたりに直したものです。

チェックポイント

  • 1株あたりの数値でも、全体的に右肩上がりなことが確認できます

株主還元(自社株買いと配当)

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の株主還元の推移です。

チェックポイント

  • 配当性向は50%程度であり、減配の心配はなさそうです
  • 総還元性向は100%を超えているため、今後は自社株買いの減速が予想されます

 

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の株価と分析

株価


株価分析

2019年6月1日@131.15ドル
オピオイド訴訟を抱える高配当株ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の株価は割安?

 

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の決算レポート

FY2019

【JNJ】決算レポート:医薬品セグメントが成長を牽引(FY2019-3Q)

 

sponcered by