株の「ダブルトップ」と「ダブルボトム」







どうも、キャプテンです。

今回はテクニカル分析の「ダブルトップ」と「ダブルボトム」を解説していきたいと思います。

この二つのチャートパターンはかなり便利で、「トレンドライン」と「ダブルトップ」、「ダブルボトム」の3種類を抑えれば、テクニカル分析の本当に重要なものは覚えたことになります。

ダブルトップとは

ダブルトップとは株価の天井を示すことが多いチャートパターンであり、売りの機会を教えてくれるものです。

ダブルトップの形状を覚える

まずは、ダブルトップの形状を覚えましょう。

このように、Wをひっくり返したようなチャートパターンになります。

このときに、2回目の頂点が、1回目の頂点よりも高値を更新していない場合を、ダブルトップといいます。

ダブルトップの売りポイント

ダブルトップを見て、株を売るパターンは大きく分けて3パターンあります。

(1)2回目の天井で売るパターン

ひとつめは2回目の天井で売るパターンです。

2回目の頂点が1回目の頂点を超えなかったのを確認したところで売ってしまうということになります。

メリット:早く売れるので、株価が下がったときに、得をする分が大きい。

デメリット:ダブルボトムが完成せずに、その後、また反転して株価が上昇してしまうかもしれない。

(2)ネックラインを下に抜けたのを確認して売るパターン

二つ目は、ネックラインを下に抜けるのを確認してから売るパターンです。

メリット:ネックラインを抜けているので、このまま株価が下がる可能性が高いことを把握してから売れる

デメリット:頂点で売った場合に比べて、すでに株価がある程度下がってしまっている

(3)ネックラインより上に戻さないのを確認して売るパターン

一番慎重な売りパターンは、ネックラインが新しい上値の防衛線となるのを確認してから売るパターンです。

メリット:この後はかなりの確率で株価が下がり続けるので、安心して売れる。

デメリット:(2)のパターンのまま株価が下落していった場合、このパターンはそもそも現れず、売りの機会を逃す。

実際の運用においては、各パターンで少しづつ売ればよい

実際にダブルトップで株式を売る場面においては、どれか一つのパターンに従って、全ての株式を一気に売らなければいけないわけではありません。

(1)のパターンが現れたら一部を処分、(2)のパターンまで進んだら、さらに処分する数を増やす、(3)のパターンまで進んだら残りをほぼ全て処分するなど、グラデーションを持って株式を売るルールを決めておくのが良いでしょう。

ダブルボトムとは

ダブルボトムは、すべてを逆にしただけですが、相場の底を教えてくれるチャートパターンであり、買いの機会を知らせてくれます。

ダブルボトムの形状を覚える

ダブルボトムの形状は、アルファベットのWのようになっています。

2回目の底が、1回目の底よりも高い位置で反発した場合、ダブルボトムを意識することになります。

ダブルボトムの買いポイント

ダブルボトムを見て、株を買うポイントは大きく分けて3パターンあります。

(1)2回目の底で買うパターン

2回目の底が、1回目よりも高かった場合に、そこで買ってしまうパターンです。

メリット:底に近い位置で安く買える。

デメリット:ダブルボトムを形成せずに、そのまま株価が下落を続ける可能性がある。

(2)ネックラインを上に抜けたのを確認して買うパターン

株価がネックラインよりも上に抜けたのを確認して買うパターンです。

メリット:ネックラインを抜けているので、このまま上昇する可能性が高い

デメリット:底からは、ある程度上昇してしまっている

(3)ネックラインより下に戻さないのを確認して買うパターン

ネックラインが新たな底となったのを確認してから買うパターンです。

メリット:ネックラインを守っているので、このまま上昇する可能性がかなり高い

デメリット:(2)のパターンのままスルスルと上昇した場合、この(3)のパターンはそもそも現れず、買いのチャンスを逃す。

実際の運用においては、各パターンで少しづつ買えばよい

ダブルトップのときと同じですが、実際の運用局面においては、それぞれのパターンで少しづつ買えば良いでしょう。

投資においては、買いや売りを一気に行わずに、時間を分散させるということはリスクを低減する上で、非常に効果がありますし、心理的にも余裕を持って取引を行いやすいので、オススメです。

ヒーロー活動のスポンサーはこいつらだ!