「投資だけで生活」は現実的?リタイアに向けた投資術。

sponcered by







どうも、キャプテンです。

「会社辞めたいな、投資だけで生活できれば良いのになぁ

「引退後は、投資だけで生活していけるだろうか」

今回は、そんな風に思われている方に向けて、投資だけで生活しようと思うと、どのくらいの金額が必要になるのかという点を示していきたいと思います。

投資だけで生活したいという願望

このページにたどり着かれた方は、投資だけで生活をしたいと思われていることでしょう。

会社や仕事がハードで辛かったり、職場の人間関係が難しかったりと、「投資だけで生活したい!」と考えるきっかけは、世の中にいくらでもあります。

実際のところ、投資だけで生活するというのは現実的なのでしょうか。

「投資だけで生活」は現実的?

さて、投資のみで生活をするというのが、どのくらい現実的なのかを考えてみたいと思います。

そのためには、投資による収入と、必要な年収を比べてみる必要があります。

1年間暮らすのに必要な年収

生活するのに必要な金額というのは、東京や都会なのか、地方なのかによっても変わってくると思います。

東京であれば、一人暮しなら年間で400万円もあれば暮らせる可能性が高いでしょう。地方であれば、年間300万円でも一人なら暮らせるかと思います。

家族連れの場合、600万円ほどあれば、とりあえず暮らしていくことが出来るでしょう。

投資だけで生活するために必要な資産額

また、ひとことで投資で生活をするといっても、本来の目的を考えると、以下の条件を満たす必要があるでしょう。

  • 継続的に、投資だけで生活ができる。つまり収入がある程度安定している。
  • 毎日、朝から晩までトレードをせずに、日中は自由なことをする。

ということは、インカムゲインによって、年間400万円〜600万円を作り出す必要があります。

株式であれば、米国株でも安定して期待できる利回りは4%程度。多少高めでも5%が限度でしょう。

以下、配当利回りが4%の場合と5%の場合に分けて、資産額ごとに整理しています。

資産額 配当利回り 配当収入
80,000,000 4% 3,200,000
80,000,000 5% 4,000,000
100,000,000 4% 4,000,000
100,000,000 5% 5,000,000
120,000,000 4% 4,800,000
120,000,000 5% 6,000,000

ここからは、少なくとも8千万円程度は必要であることがわかります。

実際はここから税金なども引かれるので、やはり引退するためには1億円が必要と考えておいたほうが良いでしょう。

つまり、資産額が1億円あるのであれば、引退しても投資だけで生活していけるということです。

しかし、多くの人にとって1億円の資産を若いうちに築くというのは、あまり現実的ではないかもしれません

リタイアを目指す投資術

「あまり現実的ではないから」といって諦めてしまえば、そこで試合終了です。

千里の道も一歩から。少しづつでもファイナンシャル・フリーダムを目指して行くことが大切です。

そこで、どのようにリタイアを目指せば良いのかを書いていきます。

まずは月々の収支をプラスにしよう

リタイアを目指すために、必ず必要なのは、月々の収支をプラスにすることです。

「毎月、給与をすべて使ってしまう」という方は、残念ながらいつまで経っても投資だけで生活できるようにはなりませんので、改めてお金との付き合い方を考えてみてください。

オススメは天引き貯金ですが、まずは以下の本を読まれることを強くオススメします。

放置でもキャッシュフローを得られる投資をしよう

さて、月のキャッシュフローをプラスに出来たのであれば、放置でもキャッシュフローを得られるものに投資していきましょう。

これは大きく分けて(1)株式(2)不動産の二択が現実的だと思います。

不動産は初心者には難しい点が多いため、本ブログでは株式をオススメしています。

中でもオススメなのは米国株の連続増配株です。

連続増配株というのは、何十年にも渡って、毎年1株あたりの配当額を増やしてきた会社です。

このような実績のある会社であれば、配当は今後も増え続ける可能性が高いといえます。

つまり、安定したキャッシュフローを手に入れることができるのです。

連続増配株には以下のようなものがあります。

ティッカーシンボル 企業名 連続増配年数 配当利回り
AWR American States Water 62 2.21%
DOV Dover Corp. 61 2.21%
NWN Northwest Natural Gas 61 3.22%
PG Procter & Gamble 60 3.09%
EMR Emerson Electric 60 3.19%
GPC Genuine Parts 60 2.72%
MMM 3M 58 2.50%
VVC Vectren Corporation 57 3.09%
CINF Cincinnati Financial 56 2.83%
KO Coca-Cola Co. 54 3.38%
JNJ Johnson & Johnson 54 2.82%

コカ・コーラやP&G、ジョンソン・アンド・ジョンソンなど、みんなが知っている有名企業があります。

ホワイト企業で副業をしよう

さて、株式投資であれば、先ほど書いたように安定して投資だけで生活するには約1億円が必要となります。

つまり、普通にコツコツと月数万円の株式投資を続けた場合、配当を再投資したとしても、1億円を貯めるのに数十年掛かってしまうということになります。

「いつになったら投資だけで生活できるの、、、数十年後じゃ意味がないよ!」

そう思われることでしょう。僕でもそう思います。そこで、今すぐに始めるべきことがあります。

それは「副業」です。

考えてみてください。

連続増配株に投資する場合、あとは寝ていても配当が振り込まれてくるのを待つだけです。連続増配株投資を不動産投資と比べたときの一番のメリットは、その圧倒的な手間の掛からなさなのです。

そうであれば、空いた時間でさらに副業をして、お金を稼ぎ、株を買い増していくべきでしょう。

そうすることで、少しでも早く引退に近づけるのだから。

さて、副業をする場合、当然ホワイト企業でなければ、日中の仕事や残業で疲れてしまって、副業どころではありません。もしもブラック企業で働いている場合は、まずはホワイト企業に転職するようにしましょう。

副業を選ぶコツ

引退後にしたいことは?

副業に適しているのは、引退後にしてみたいことです。

副業というのは、会社の給料と違って、すぐにお金が稼げるようになるわけではありません。

むしろ、ブログであれ、何であれ、最初のうちはお金にならないようなことが多いと考えるべきです。

だからこそ、お金にならなくても、楽しくコツコツと続けられることを副業にすべきなのです。

好きなことを副業にするコツは?

好きなことを副業にするコツは、コツというほどのことでもありません。

好きなことを商品にして、値段をつけて、売ることです。

たとえば、文章を書くのが好きなら、文章を書いてnoteで売っても良いでしょう。もしくは、無料で文章を書いて、Google Adsenseなどの広告を貼ることもできます。

アクセサリーをつくるのが好きなら、アクセサリーをつくって、メルカリやミンネ、BASEなどを使って売ってみましょう。なかなか売れなければ、自分のアクセサリーを宣伝するためのSNSやブログを始めるのも良いでしょう。

値段をつける際のコツ

値段をつけるときには、多くの人が買ってくれるであろうものには安めの値段をつけましょう。

安めの値段をつけることで、買いやすくなります。買ってくれる人が増えることで、口コミが広がって、さらに売れやすくなるのです。

一方で、最初から買う人が少ないであろうものを売るときには、高い値段を設定しましょう。

たとえば、自分が長年にわたって好きで調べてきたことだけれど、ニッチなジャンルだから知りたい人が少ない情報やノウハウなどを売るときには、数千円といった値段をつけてしまっても良いでしょう。

なぜなら、ニッチな商品であれば、安くしたところで、口コミが広がって、たくさんの人に売れるということがないからです。

「投資だけで生活」が必要なくなる日

ここまで書いてきて、ちゃぶ台をひっくり返すようでもありますが、ここに書いてきた方法を実践しはじめたら、恐らく「投資だけで生活したい」という気持ちは徐々に薄れていくと思います。

だって、

  • 株式投資で配当金をもらいながら
  • 職場はホワイト企業
  • 副業では自分の好きなことに値札をつけているだけ

と、何も不満がない状態になっているはずですから。

そうしてポジティブな気持ちになって、ますます生産性が高まることで、結果的に入ってくるお金の量も増えていくのです。

sponcered by