徹底解説。投資信託とETFの違いは?オススメはどちら?

sponcered by







どうも、キャプテンです。

今回は、初心者にはややこしい「投資信託とETFの違い」をわかりやすく説明したいと思います。

また、どちらに投資すればいいの?という方のために、使い分けの方法についても解説しています。

投資信託とETFの違い

投資信託とETFの違いを説明する前に、そもそも「投資信託って何だっけ?」「ETFって何だっけ?」という方のために、それぞれの復習から入りたいと思います。

投資信託とは?

初心者の個人投資家や、普段は仕事で忙しい個人投資家にとって、自分でポートフォリオを管理しながら、株や債券に投資するというのは、なかなか大変なことです。

そこで、プロに運用を預けてしまおうというのが投資信託ですあり、、投資の初心者にも頻繁に購入されている金融商品です。

個人投資家は、投資信託を購入することでお金を運用のプロに預け、そのプロの投資成績によって、預かったお金が増えたり減ったりします。

ETFとは?

さて、投資信託の中でも、取引所に上場したものをETF、またの名を「上場投資信託」といいます。

上場しているということは、ETFは投資信託でありながら、その持分を株式のように取引所で売買することができます

通常の投資信託であれば、プロにお金を預けて運用してもらっているため、そのお金を引き出す際には解約することになります。

たとえば、投資家が50万円分の投資信託を持っていたとして、これを解約すると、投資信託の運用会社はその50万円分の株を売って現金にしたうえで、投資家に50万円を戻してくれます。

一方で、ETFの場合は、プロにお金を預けたまま、その持分の権利を他の人に売ることで、現金に戻すことになります。

「50万円分の投資信託なので、誰か50万円で買わない?」という形ですね。

投資信託とETFの違いを整理

以下、投資信託とETFの違いを整理してみました。

投資信託 ETF
上場・非上場 非上場 上場
価格 毎日算出される基準価格で申込・解約 取引所での時価で売買
取得方法 ファンドに直接申込・証券会社等で申込 証券会社で売買
手数料
申込・購入時 ファンド・販売会社ごとの手数料 証券会社毎の株式売買手数料
信託報酬 一般的にETFより高い 一般的に投資信託より安い
解約・売却時 ファンド・販売会社ごとの手数料 証券会社毎の株式売買手数料

投資信託とETFはどちらがオススメ?

投資信託とETFについての違いが分かったところで、続いて、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

投資信託のメリット・デメリット

投資信託のメリットとデメリットを見ていきます。

投資信託のメリット

投資信託のメリットは、何といっても、金額で指定して買い付けることができるため、本当に少額からでも買える点です。証券会社によっては、1,000円から投資信託を買うこともできます

このくらいの価格から買えるのであれば、まだまだ余裕資金が少ない人でも投資を経験してみることができます。

また、ちょっと投資のリスクが怖いなという方でも、1,000円程度であれば気軽に挑戦してみることができます。

このように、とにかく少額から始められるのが投資信託のメリットです。

それから、毎月決まった額の投資信託を自動で積み立てるようにする仕組みなど、証券会社によっては便利なサービスが提供されています。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットは、信託報酬が一般的にETFよりも高くなる点です。

その理由は、ETFの場合、投資信託よりも運用会社の売買が少なくて済むという点にあります。

投資信託であれば、投資家が申し込んだり解約するたびに、運用会社はその分の株を買い付けたり、売ったりしなければいけません。そのため、投資信託は全体としてコストが掛かりがちです。

一方で、ETFであれば、投資家は解約するのではなく、次の投資家に持分を売ってくれるため、運用会社は余計に株を買い付けたり売ったりする必要がありません。

それから、投資信託とETFでは、決まった指数をトラッキングする際のコスト効率にも差があります。

日経平均株価に連動するような投資信託がある場合、運用会社は日経平均株価と大きくズレないように売買を繰り返します。

一方で、ETFの場合は上場されているので、日経平均株価とズレてくると、その差を狙った投資家がアービトラージ目的で売買をして、差を埋めてくれるのです。

このように、ETFはいくつかの点で、運用会社の手間が省けているために、投資信託と比較すると、全体として信託報酬が安めになっています。

ETFのメリット・デメリット

続いて、ETFのメリットとデメリットを見ていきます。

ETFのメリット

ETFのメリットは、ズバリ信託報酬の安さです。

その理由は「投資信託のデメリット」の部分で解説しているため、今回は省略させていただきます。

それから、購入時の価格が分かりやすいというのも、ETFのメリットのひとつです。

投資信託の場合、その日の申込時間が終わったあとに基準価格が算出されるため、申込時点ではいくらで購入することになるのかが見えていません。

ETFであれば、取引所の板で売買をするので、指値をすることも可能ですし、そのときの時価を確認しながら買うことができます。

ETFのデメリット

ETFのデメリットは、1株あたりの価格で売買しなければいけない点です。

たとえば、投資信託の場合は、基準価格が22,500円の投資信託を1,000円分買うということが可能なのに対して、あるETFが22,500円で売買されている場合、22,500円でしか買うことができません。

そのため、ETFでは細かい金額の売買は出来ないということになります。

とはいえ、多くのETFは1株あたり数万円で取引されていることが多いので、投資するにあたって、そんなに困ることはありません。

投資信託とETFの使い分け

ここまで投資信託とETFのメリットおよびデメリットを見てきました。

最後に、投資信託とETFの使い分けについて整理しておきたいと思います。

超少額投資には投資信託

数千円といった超少額から投資を始める場合は、投資信託を使うことになります。

毎月2万円を積み立てたいといった場合も、ETFだと2万円ちょうどを買うことは難しいので、投資信託を利用しても良いでしょう。

手数料が安いのはETF

繰り返し書いているように、ある程度の金額を長期間持つのであれば、信託報酬が安いETFを使うべきです。

一例として、TOPIXに連動する「eMAXIS TOPIXインデックス」という投資信託の信託報酬が年率0.432%なのに対して、TOPIXに連動するETFである「TOPIX連動型上場投資信託(1306)」の信託報酬は年率で0.11%です。

この差は複利で効いてくるため、長期保有になればなるほど、その差が大きくなります。

そのため、ある程度の金額を長期に渡って投資するのであれば、ETFを使うようにしましょう。

以上

今回は、投資信託とETFについて、解説しました。

ぜひ他の記事も読んでみてください。それでは!

sponcered by