資産運用を始めるのに必要なお金は?

sponcered by







ざっくりいうと

キャプテン
  • 資産運用を始める際には、100万円ほどの現金があるのが理想的だ。いざというときに必要なお金を残して、資産運用を始められるからな。
  • 若くて健康で、近々転職の予定もないのであれば、10万円程度から資産運用を始めても問題ないだろう。
  • 資産運用を体験してみるという目的であれば、1万円から始める手もあるが、リスクを取りすぎる癖がつかないように注意しよう。

資産運用を始めるのに必要なお金は?

「資産運用を始めたい」と思っても、「いくらの元手で資産運用を始めたら良いのだろう?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

実際、資産運用をするのに、どのくらいのお金を準備しなければいけないかというのは、これから資産運用を始める方にとっては想像がつきにくいと思います。

そこで、今回は資産運用を始めるにあたって、どのくらいの金額を準備すると良いかを説明していきます。

理想は100万円を用意しておきたい

資産運用を始める上で、理想は100万円を貯めてから始めたいところです。

その理由は、いざというときに必要な現金を準備しておけるからです。

「いざというときのための現金」が必要な理由

一度、資産運用を始めてしまうと、株を始めとした資産を買うことになるので、手元の現金は、株などの資産に変わっていきます。

また、株などの資産は常に価格が変動するため、購入したときよりも価格が安くなっているときに売ると、お金を損してしまいます。ですから、一度購入した資産は「なるべく売らない」、もしくは「購入時よりも価格が高くなっているときに売る」というふうに、自分のペースで運用したいわけです。

しかし、生活をしていると、急な出張や旅行、もしくは事故や入院など、計画していなかったお金が必要になることは多々あります。そういったときに、もしも現金を準備していなければ、そのときに株の価格が上がっていようが、下がっていようが、それを一部売却して現金にせざるを得ません。やむを得ない事情で損をする可能性があるということです。

こうした状況に陥るのを避けるために、いざというときに必要なお金を現金で準備しておいた上で、残りのお金で資産運用を始めるというのが、理想的な資産運用の始め方になります。

もしも100万円があれば、まずは60万円程度をいざというときの現金として確保しておいた上で、残りの40万円で資産運用を始めることができます。

「いざというときの現金」はどのくらい準備しておくべきか

ちなみに、いざというときに必要なお金として、最低限なるべく準備しておきたいのは、一ヶ月の生活に必要な金額 × 3ヶ月分です。

(例)「いざというときに必要なお金」の計算

毎月20万円で生活している場合は、20万円 × 3ヶ月 = 60万円を「いざというときに使うお金」として準備する。

この額は、たとえば事故で入院してしまったり、何らかの事情で転職せざるを得なくなったときに、再び仕事を始めて給与が入ってくるまでの間に必要なお金くらいを準備しておこうというイメージです。

3ヶ月分と書きましたが、もしもお金に余裕がある場合は、半年分程度を準備しておくと、さらに安心感が高まります。

sponcered by

10万円からでも始められる

100万円の準備は、理想であって必須ではない

さて、そうは言っても、誰でも100万円をすぐに用意できる訳ではありません。

特に若いうちから資産運用を始める重要性が説かれる中にあって、たとえば20代前半で100万円の貯金を用意できる人は、必ずしも多数派ではないでしょう。

そこで、100万円の貯金がなくても、まずは手持ちのお金で資産運用を始めてみるという手もあります。

この場合、資産運用を始めると、あまり手元に貯金は残らないでしょうから、以下のような条件を満たしていると望ましいです。

「いざというときの現金」なしで資産運用を始める場合の条件

  • 若くて、体も健康であること
  • 今の職場に馴染んでいて、しばらく転職する予定もないこと

これらの条件を満たしている方であれば、「いざというときの現金」が必要になる可能性自体が比較的低いといえるでしょう。

有意義な資産運用は10万円程度から

100万円がなくても、手持ちのお金で資産運用を始めるという場合には、目安としては10万円くらいの運用資金があれば、ある程度、意味のある資産運用を行うことができます。

10万円の運用資金があれば、たとえば資産が年に約5%増えると、5千円程度の収入となります。10%増えれば、1万円程度の収入です。

年に5千円や1万円というと、決して大きな金額ではないですが、資産運用の意義やメリットを感じられる金額ではあります。

資産運用の体験が目的なら1万円からでも

1万円では、資産運用の恩恵を受けるのは難しい

もしも10万円を貯めるのも難しいという場合は、正直、収入を期待して資産運用をするのは難しいと言えます。

たとえば、1万円を運用して、年に5%増えても500円にしかなりません。これでは資産運用の恩恵は、ほとんど受けられていないも同然です。

ですから、10万円の運用資金を用意できない場合は、貯金ができるようにお金の使い方を見直したり、本来の給与や収入を増やせるようにスキルを身につけたりといったことに先に取り組むべきです。

資産運用の体験が目的なら、試してみるのはアリ

しかし、1万円での資産運用に全く意味がないかというと、必ずしもそうではありません。

資産運用からの収益には、ほとんど期待していないけれど、資産運用というのがどのようなものか体験してみたいという場合には、手元の資金が1万円でも試してみる価値はあるでしょう。

そこで、資産が増えていくという「資産運用の感覚」がつかめれば、運用資金を増やせるように貯金にも励めるようになるかもしれません。

リスクを取りすぎないように注意しよう

あまりに少額で資産運用を始めた場合、先ほども書いたように、年に5%程度の利回りでは、ろくな収入にならないため、一か八かで2倍や3倍にもなりうるような株に投資をするなど、過剰にリスクを取るようになってしまうケースがあります。

少額での運用だからと言って、このような悪い癖がついてしまうと、将来的に資産運用の金額が増えていったときに、大きな損失に繋がりかねません。

1万円などの少額での資産運用は、あくまでも体験してみるためであると割り切って、その資産運用からの収入を増やそう等と考えるよりは、その前にまずは資産運用の元手資金を増やせるように努力しましょう。

「資産運用の準備」に戻る

sponcered by