初心者は少額投資で資産運用に慣れよう。おすすめの種類は?

sponcered by







※この記事は「資産運用入門(初心者向け)」の第5回です。

ざっくりいうと

キャプテン
  • 大きな運用額で損をすると取り返しがつかないので、まずは少額で資産運用に慣れることから始めよう。
  • 少額の資産運用だとリスクを取りすぎてしまう場合があるので、慣れてきたら、速やかに運用額を増やしていこう。
  • 初心者が少額から資産運用を体験してみるなら、ロボアドバイザーを利用するのがオススメだ。

少額の資産運用ならリスクが小さい

これから資産運用を始めようという初心者の方におすすめしたいのが、まずは少額での資産運用から始めるということです。

少額で始めるメリットは、なんといってもリスクが小さいことに尽きます。

たとえば、いきなり1,000万円を運用して、半分を損してしまったら、500万円という大金を失うことになります。普通のサラリーマンであれば、その500万円を取り戻すのは、そんなに簡単な話ではありません。

しかし、まずは1万円程度で始めていれば、たとえ半分を損してしまったとしても、5,000円の損失で済むので、普通に仕事をしていれば、すぐに取り返すことができます。

資産運用においては、大きな額を運用していても、冷静であることが重要です。

そのためにも、まずは最悪ゼロになっても気にならない程度の少額で、資産運用特有のリスクや緊張感に慣れることが非常に重要なのです。

sponcered by

少額投資のデメリット

以上のように、初心者が資産運用を始める際には、必ず少額から始めることをオススメしますが、少額投資ならではのデメリットも存在するため、併せて紹介しておきます。

リスクを取りすぎてしまう

少額投資のデメリットのひとつはリスクを取りすぎてしまいやすい点です。

それなりの額(例:100万円)を運用していて、年間で7%のリターンであれば、年間7万円の収益になります。しばらく使わないお金を運用しておくだけで、年間7万円の収益があれば、満足する人が多いのではないでしょうか。

それでは、運用額が少額(例:1万円)であればどうでしょう。

年間7%のリターンであれば、年間700円の収益になります。700円というと、都内ではランチが1回食べられるかどうかという、取るに足らない、わずかな収益です。

そのため、年間7%のリターンを目指して資産運用をするよりも、うまくいけば倍になるけど、失敗すると0円になるような、まるで博打のような投資先に投資をしてしまう可能性が高くなります

これでは「資産運用額を増やす前に、まずは慣れるために少額で資産運用をしてみる」という意味では不適切な運用になってしまいます。

資産運用に慣れてきたら、運用額を増やそう

そこで、少額で投資を始めて、ある程度慣れてきたら、比較的速やかに運用額を増やしていくようにしてみましょう。

たとえば、以下のようなイメージです。

運用額を増やしていく例

  1. まずは1万円で資産運用を始めてみる。
  2. 数週間ほど様子を見て、値動きに慣れてきたら、10万円程度まで運用額を増やしてみる。
  3. その後、毎月数万円ずつ運用額を増やしていく。

こうすることで、少額だからと大きなリスクを取ってしまうこともなく、適切な資産運用に進むことができます。

初心者の少額投資にはロボアドバイザーがおすすめ

さて、最後に初心者が少額から資産運用を始める場合に、何に投資すれば良いかということを考えてみましょう。

個人的なオススメはロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーとは?初心者向けにメリット・デメリットを解説

2019.02.13

少額から始めるという意味では、投資信託でも良いのですが、投資信託は数千種類と非常に多いことから、迷いが生じたり、難しく感じてしまうかもしれません。

投資信託とは?初心者向けにメリット・デメリットを解説

2019.02.11

その点、ロボアドバイザーであれば、国内で主要なものとしては「Wealthnavi」か「THEO」の2種類しか存在しないので、あまり迷うことなく、気楽に始めてみることができます。

それでは「WealthNavi」と「THEO」だと、どちらが良いのかというと、1万円から始めるなら「THEO」、10万円以上から始めるなら「WealthNavi」ということになります。

2つのサービスでは「WealthNavi」の方がユーザー数も多く、インターフェースも綺麗で分かりやすいのですが、「WealthNavi」には最低投資金額が10万円からという制約があります。一方で「THEO」は1万円から運用を開始することができるのです。

既にある程度の貯金(たとえば100万円)があり、10万円くらいであれば自分にとってそれほど大金でもないという場合は「WealthNavi」で10万円から始めれば良いですし、まだまだ貯金も少なく、とりあえず1万円からということであれば「THEO」を利用すべきでしょう。

「資産運用入門(初心者向け)」に戻る

sponcered by