REITとは?初心者向けにメリット・デメリットを解説

sponcered by







ざっくりいうと

キャプテン
  • REITとは、不動産に投資する投資信託だ。
  • REITが投資家から集めたお金で投資した不動産から、賃貸収入や売却益が出ると、投資家は分配金としてその利益を受け取ることができるぞ。

REITとは

REITは不動産投資

REIT(不動産投資信託)とは、投資信託の一種類ですが、一般的な投資信託とは少し違います。

REITの特徴は、株や債券ではなく、個別の不動産への投資が行われるという点にあります。

REITの仕組み

REITでは、投資家から集めたお金や銀行から借り入れたお金を用いて、不動産に投資をします。そして、不動産運用で得られた家賃や不動産の売却によって得られた利益を、分配金として投資家に還元します。

不動産会社との違い

さて、ここまで読まれた方の中には「REITと不動産会社は何が違うの?」と思う方もいるかもしれません。

たとえば、三井不動産のような不動産会社も、株式の発行を通じて投資家から集めたお金を不動産開発などに投資して、賃貸収入や売却益を得ているからです。REITが投資家に分配金を出すように、不動産会社も配当金を出すことで、投資家に利益を還元しています。

結論から言ってしまえば、一番の違いは、利益のどれだけを投資家に還元するかという点にあります。REITは、そのルール上、毎年利益の90%以上を投資家に還元しなければなりません。

REITは、利益のほとんどを毎年投資家に分配すると覚えておけばよいでしょう。

投資家は、利益のほとんどが還元されるというメリットもありますが、REITが内部留保を貯めておけないために景気が悪化すると倒産しやすくリスクが大きいというデメリットもあります。

sponcered by

REITの種類

REITは投資対象によって分類することができます。

たとえば、都心の大型オフィスビルなどに投資をするREITもあれば、ホテルなどの宿泊施設に投資をするREITもあります。倉庫や工場に投資をするREITもありますし、商業施設に投資するREITもあります。

REITを買うときには、どのような不動産に投資をしているREITなのかを見ると良いでしょう。

REITのメリットとデメリット

REITのメリット

少額から不動産に投資することができる

株や債券と違って、不動産という少し種類の違う資産に投資できる点が、REITの魅力のひとつです。

自分で不動産を買って運用しようとすると、ワンルームマンションでも結構なお金が必要になりますが、REITであれば気軽に少額から投資することができます。

分配金の利回りが高い

REITの魅力は分配金の利回りの高さにもあります。

先ほど書いたように、REITは利益の90%以上を投資家に分配します。そのため、REITの分配金利回りは4%を超えるものもたくさんあります。

日本の株だと、配当利回りが4%を超えるような高配当株はあまりないので、インカムゲインを狙っている投資家にとっては、REITは使いやすい投資先となるでしょう。

REITのデメリット

倒産のリスクがある

こちらも先ほど書いたように、REITはルール上、利益の90%以上を投資家に分配しなければならず、内部留保を貯めることができず、環境が悪化すると倒産する可能性があります。日本でも、リーマンショック後に破綻したREITが存在します。

sponcered by

「資産運用の種類」に戻る

sponcered by