債券とは?初心者向けにメリット・デメリットを解説

sponcered by







ざっくりいうと

キャプテン
  • 債券とは、融資(お金を貸すこと)の1種類だ。
  • 債券の購入者(投資家)は、満期が来たら発行体から元本が返済される他、毎年利子の支払いを受け取ることが出来るぞ。
  • 債券は、景気が悪化しても、毎年決まった額の利子が支払われるので、株に比べると不景気に強い投資商品だ。

債券とは

債券とは、お金を貸した証書のようなものです。

債券の購入者(投資家)は、債券の発行体にお金を融資していることになるので、満期が来たら元本の返済を受けることができます。また、毎年決まった利子を受け取ることができます。

(例)年利4%の5年債を100万円分購入した場合

  • 毎年4万円(100万円の4%)の利子が支払われます。
  • 発行から5年後に、100万円の元本の返済を受けられます。

通常の融資と何が違うの?

通常の融資は、銀行経由の「間接金融」

銀行が通常の融資を行う場合、お金を借りた人は銀行に対して、返済と利払いを行います。

通常の融資は、銀行が間に入ってお金を融通しているため「間接金融」と呼ばれます。

投資家は銀行に預金をするだけで利子を得ることができますし、お金を借りている人は銀行だけを相手にお金を借りたり返したりすればいいので、シンプルで分かりやすいというのが、通常の融資のメリットです。

債券は「直接金融」

続いて、債券の場合は、お金を借りたい人が「債券」を発行して投資家に販売します。

債券による調達の場合は、直接、投資家からお金を調達しているので「直接金融」と呼ばれます。

通常の融資と違って、投資家と発行体の間で銀行が鞘を抜かないので、投資家は高い利率で資金を運用でき、資金が必要な人は低い利率でお金を調達できるのが債券のメリットです

また、信用のない人が債券を発行しても誰も買わないため、資金を調達することができません。ですから、債券を発行して資金を調達できるのは、ある程度の信用がある主体だけであると言うことができます。

sponcered by

債券の種類

債券にはいくつかの種類があります。

ここでは代表的な国債等と社債を紹介します。

国債・地方債

まず、最も一般的な債券は「国債」や「地方債」という、国や地方公共団体が発行する債券です。中でもアメリカ合衆国政府が発行する「米国債」は、世界中の債券の利率の基準ともされており、景気を占う意味でも世界中の投資家から常にウォッチされています。

アメリカや日本の発行する国債は安全性が高いので、資産運用においても有望な投資先になります。

社債

社債とは、企業が発行する債券のことです。日本では、ソフトバンクなどが社債による調達を積極的に行なうことで有名です。

企業は国よりも信用が劣るため、その分、国債よりも高い利率であることが多いです。たとえば、日本の国債は現在ほぼゼロ金利ですが、ソフトバンクの社債は1〜2%程度で販売されています。

債券で運用するメリット・デメリット

債券で運用するメリット

元本が保証されている

もちろん発行体が破産してしまえば返済を受けることはできませんが、そうでなければ債券による運用は基本的に元本が保証されています。

株式や不動産などで運用した場合は、元本が戻ってくる保証はないため、債券による運用は比較的リスクが低いということになります。

リターンが読みやすい

また、債券による運用はリターンが読みやすいというメリットもあります。

利率2%の債券を買えば、基本的には毎年2%ずつ資産が安定して増えていきます。毎年のリターンが読みづらい株式と比べると、リターンが確定しているため、資産運用の計画を立てやすくなるでしょう。

景気悪化に強い

株式の場合は、景気が悪化すると、会社の業績が悪化して、株価や配当も減配される傾向にあります。

一方で、債券は毎年何パーセントという利率があらかじめ決まっているため、景気が悪化したとしても、発行体は配当の減配のように、利払いを下げることはできません。

つまり、債券は株式と比べて、景気が悪化する局面に強い資産であるといえます。

債券で運用するデメリット

利回りが低い

債券は、前述のようにリスクが低く、安定して運用できる分、株式と比べると、利回りが低くなっています。

長期的にみたときの債券の利回りは、米国債でおよそ3%〜3.5%程度であるのに対して、アメリカの株式の運用利回りはおよそ6.5%〜7%であることが知られています。

インフレに弱い

債券は、インフレに弱い資産です。

たとえば、現在は牛丼一杯が300円だとして、これが10年後には一杯600円になっているとしましょう。

現在、満期10年の債券を3万円分購入した場合、10年後にこの元本3万円が返済されて戻って来ます。このとき、購入時の3万円には牛丼100杯分の価値がありましたが、返済時の3万円には牛丼50杯分の価値しかないことになります。インフレによって、円の価値が目減りしていく中で、債券に投資をしていた場合は、その影響をもろに受けてしまうのです。

これが株式への投資であれば、インフレにあわせて株価も上がっていくため、インフレに耐性を持つ形で資産を運用することができます。

sponcered by

「資産運用の種類」に戻る

sponcered by